新宿美容外科で行われている手術法

近年ではプチ整形という言葉も浸透し、一昔と比べると身近なものになりつつある美容外科。現在新宿美容外科の利用を検討されている方もいるのではないでしょうか。そんな方のために、新宿美容外科で行われている手術法などを詳しくお伝えします。

二重にする方法は、主に2種類

二重にしたい場合、美容外科では主に2種類の方法を取り入れています。比較的リスクも少なく、美容整形初心者におすすめなのは埋没法。埋没法ではメスを使わずに糸をまぶたに留めるだけで二重にすることができるので、出血も少量で済み腫れが引くのも早い傾向があります。美容整形をする際、仕上がりに対する不安を持たれている方もいるかもしれませんが、埋没法では仕上がりに満足できなければ糸を取り除けば元に戻すことが可能です。もう一つの方法には、切開法があります。切開法ではまぶたにメスを入れ、縫い合わせて二重を作っていきます。埋没法と比べると出血や腫れのリスクは高くなりますが、ほぼ永久的な二重を手に入れることができます。

鼻の形も自由自在

美容外科では、鼻を高くしたり鼻の形を変える手術も行っています。鼻を高くしたい時には、隆鼻注射と呼ばれる方法があり、メスを使用せず鼻にヒアルロン酸を注入すれば施術は完了です。個人差はありますが、一般的には1年前後効果が持続することが多いので、気軽に鼻を高くしたい人におすすめの方法と言えるでしょう。施術時間も短いため、忙しい方でも施術を受けやすいのもメリットのひとつです。半永久的な効果を希望される場合には、鼻にシリコンプロテーゼを入れる隆鼻術もあります。鼻先だけなど、部分的に高くすることも可能です。だんご鼻を改善したい時には耳の軟骨を鼻に移植する耳介軟骨移植があり、この方法でも半永久的な効果を得ることができます。

他にも新宿美容外科でできる手術はたくさん!

輪郭も、顔の印象を左右する大切なパーツです。いわゆる「あごがない」状態であれば下唇の裏側を少し切開し、そこからプロテーゼを挿入するあご形成で、美しいあごのラインを作ることができます。切開するのは口の中なので、手術後でも傷跡が気になることはありません。
美容外科では、顔以外の施術も行っています。お腹やヒップの脂肪でお困りであれば、脂肪吸引で余計な脂肪をすっきりとさせることが可能です。脂肪吸引では脂肪細胞を減らす効果もあるため、リバウンドのリスクを減らせるといったうれしいメリットもあります。
胸に関してはただ大きくするだけでなく、陥没した乳頭を引き出したり乳輪を小さくしたりなど、新宿美容外科では様々な悩みに対応してくれます。